そばかすに更にシミまでできる。

元々子供の頃からそばかすのある子供だったのですが、「肌が色白の子にはよくある」と言われていたので、私は色がしろかったので、「そばかす=色白」というニュアンスで、絶対に嫌だとは思っていませんでした。

そばかすがある事は色白の証と思っていました。ただ、なければいいなとは思っていましたけど。

「色白でそばかすもなくてキレイな肌だったら最高だな」と思っていましたが、そんないいとこ取りはできないだろうと半ば諦めていました。

成長して大人になるにつれ、お化粧する事を覚え、初めてファンデーションを塗った時の感動はずっと忘れないと思います。

なければいいなと思っていたソバカスをファンデーションを塗る事によって、キレイに消し去ってくれたのです。

私が夢見ていた色白でそばかすのないキレイな肌が手に入ったのです。

そこから私はお化粧に目覚め、ファンデーションはマストアイテムでした。

そんな若かりし頃から私も結婚し子供を二人授かりました。

1人目の子供を出産しだな頃でした。

顔にバッとそばかすなのかシミなのかとにかくたくさん表れたのです。

日頃自分の顔のそばかすを見慣れていた私でしたが、自分で鏡を見ても「なんか、そばかす増えた?」と半分信じたくない気持ちでいたのですが、普段なかなかスッピンで出歩かない私も実家で半分スッピンで過ごす事があって、実家の父に「お前顔、すごいそばかす、そんなにあったけ?」と言われ、「やっぱり私の顔のそばかすなのかシミなのかはすごく増えたんだ」と自覚しました。

元々そばかすがあって、顔に何かあるの自分に慣れていたので、そばかすに更にシミまで増えて少し落ち込みましたが、でも、化粧で隠せると気持ちを切り替えました。

2人目出産時もやはりシミが増えたのですが、シミやそばかすが増えるたびに化粧が濃くなるし、シワも増えてきて化粧に線ができたりするので、そろそろ化粧で隠すのも限界のような気がします。

(鹿児島県 ココペペさん)

シミで困っている方にはこちらのサイトのハイドロキノンが効果的かもしれません。⇒ハイドロキノン通販安い