中学生の時はキレイな肌にあこがれてました。

ニキビに悩み始めたのは、中学校2年生のときでした。

特に顔によくニキビができてしまって、それもひとつ、ふたつじゃないんです。
次々に新しいニキビがにょきにょきと。
本当に嫌でした。
顔を見られたくない。って思いました。

好きな人とかいてる時期でもあって、そのニキビ顔を見せたくないってことから
髪の毛を顔にかかるように、くくらずにのばしてみたり。

ニキビは本当に心のダメージでもありました。

治したくて、市販のニキビ薬(クレアラシル)を塗って寝てみたり、
ニキビをつぶしてみたり(本当はダメって言うけどね。)

ニキビができない子もいて、どうして私だけ!?って悔しい思いもしました。

いろんな市販の薬を試してもあまり効果がなかったときに、
雑誌で、ニキビができる人はできるだけ清潔に(汗とかかくととくに)するように、
それでいてお水だけで、1日に何回も洗顔してみましょう。
と、いう文章でした。

え?お水だけ?
って思いましたが、学校に行ってるときも家にいるときも、汗をかくような運動もしてないときでも、
2時間に1回ペースで洗顔してました。

そうすると、中学校3年生の頃には、ニキビの数もうーんと減って、
高校入学して新しいお友達ができたときには、ニキビあったなんて信じられないね。って言われるぐらい
きれいになってました。

お水の洗顔だけっていう。。。なんともお金のあまりかからない方法で、ニキビと戦ってました。

(大阪府 もちもち子さん。)