20代で歯槽膿漏になってから歯周病を意識するようになりました。

わたしは和歌山県在住の40代男性です。

今から20年ほど前の20代に、歯周病を経験しました。

私の経験した歯周病は歯槽膿漏で、急に悪化して当時は本当にビックリしました。

歯磨きは一日二回、起床時と就寝前に磨いていたので、人並みに歯のお手入れはしていたと思います。

実際それまで虫歯ってなったことはありません。

ところがある朝、起床時に歯磨きをすると大量の出血がするんです。

なんだろ?と思って口を開けて咥内を見ると、歯茎が青くなってました。

まるで腐ってるような感じです。

その日すぐに会社に事情を話し、朝から歯医者で診てもらいました。

予約を取ってなかったので2時間以上待たされましたが、なんとか治療をしてもらえました。

治療は歯茎の洗浄です。

私は口を開けて上を向いていたので、どういう機械を使ってるのはか目視出来ませんでした。

どうも歯茎に高圧の水を当てて歯周ポケットとかを洗ってるようでした。

痛みはほとんどなかったです。

その日の歯茎は痛んだままでしたが、翌日はほぼ治っており、三日経過後にはすっかり元通りでした。

歯槽膿漏の治療はこの一回だけで済みました。

無事治ったとはいえ、何故こういう状態になったかを理解しないとまた同じようになってしまいます。

私なりに感じたのは、歯ブラシの保管場所です。

洗面所と浴室は隣同士にあります。

間にはドアがありますが、ドアを開け閉めすればお風呂場の蒸気が洗面所まで入ってきます。

その結果、洗面所の壁や天井に水滴がついてカビとかもありました。

この洗面所の壁や床のカビが歯ブラシにも付き、そのカビ付歯ブラシを口に含んだ結果今回のような歯槽膿漏になったのではないかと考えました。

歯ブラシは一日二回使用してるわけですから、毎日適度に湿ってますし十分ありえる話です。

とりあえず歯ブラシを新調し、新調した歯ブラシの保管場所は変えました。

今までは洗面所に歯ブラシを設置してたんですが、太陽光線のよく当たる場所へと移しました、

歯磨きの度に歯ブラシをとりに行くという手間がかかってしまいますが、設置場所を変えてからは歯槽膿漏といった歯周病にはかからないようになりました。

現在もこの予防方法を続けています。

(和歌山県在住 ニャる子さんさん)

歯槽膿漏市販薬




タケプロンを胃が痛くなった時に飲んだ感想

私がタケプロンを最初に飲んだのはストレスで胃がきりきりと痛く、会社でもう我慢できなくなって、急きょ休憩をもらって急ぎで病院に行った時のことです。

しばらく待合室で待っていて診察室に通されて状況を話すとすぐに胃カメラをしようということになって、急患で胃カメラをしてもらうことになりました。

そうこうしていているうちに胃カメラが始まりすごく追えってなりますよと言ったら麻酔を増やしてくれてだいぶましになりました。

しかしながら嗚咽感はあまりなくならず結果としては胃潰瘍の症状が出ているので少し細胞を取って培養して調べてみるということでした。

そうしてまた診察室に戻されると薬が三種類とタケプロンを出してくれました。

タケプロンは胃酸の発生を抑え逆流性食道炎に有効ですということでした。

胃酸が結構出ているということなので食道周りが炎症を起こしているのでタケプロンを飲んでみて様子を見てみましょうとのことでした。

原因としては仕事のストレスからくるものだろうということでしたので、しっかりと休養して様子を見ることも大切ですとのことでした。

病院にかかる前はあまり食べ物をたべることもできなくて、おいしく食事ができなく食べても戻してばかりいました。

そんな感じだったので毎日が大変なことが続いていましたが、仕事のこともあるので薬を飲みながら、なんとか続けるようにしましたが、一向に良くなることもなく再度受診したときはそのまま入院となりました。

タケプロンが効いていて少しはましになったものの、そのほかの状態が良くないので一時入院して症状を抑える必要があるとのことでした。

1か月ほど入院して絶食から始まりタケプロンをうまく使って病状の回復につとめました。

入院している間にどんどん食道周りの炎症の症状が良くなってすっかり元気になりました。

(大阪府 こばんはねこさん)




喘息は対策はこまめな掃除と対策グッズ!最後はアレロック

私は喘息の原因となるダニやホコリを極力減らす為に、毎日必ずあちこち掃除をします。

掃除機での掃除は勿論ですが、掃除機はごみを吸い取りつつ、同時に吸い取らなかったごみを舞い上げてしまうので拭き掃除もセットで行います。

ソファやクッション、ぬいぐるみなど、アレルゲンが細かい所に入り込みやすく取り除きにくい物は、極力部屋に置きません。

どうしても置かなければいけない場合は、時々窓際に移動させる等して天日干しの様な状態にして、掃除機でゴミを吸います。

大掃除の時以外にも電球の上やタンスの上、棚の上等をこまめに拭くようにしておきます。

そうしないと掃除する度にそれらの場所にたまった埃が落ちてきて、何度掃除してもすぐ埃が出てくるからです。

カーテンも放っておくと見た目には汚れていなくても埃や花粉をたくさん付着させているので、シーズンごとに必ず洗います。

布団は最低でも週に2回は天日干しか布団乾燥機にかけて、その後は必ず両面掃除機をかけてアレルゲンを吸い取ります。

干しただけではダニ等が死滅していないので、これは絶対行います。

これによって爆発的なダニの繁殖を防ぐことが出来ます。

出来れば布団は丸洗いできるタイプの物にして、お天気が良い日にしっかり洗って干します。

シーツやかけ布団のカバーは、少し高いですが防ダニタイプのものにします。

顏に一番近い枕カバーは雑菌も繁殖しやすい=ダニ等も増えやすい為、洗い替えを複数用意し、毎日洗う様にします。

空気清浄機はマストです。

普段過ごす部屋でも、寝る時でも必ず起動しておきます。

中のフィルターの掃除もマメに行い、加湿をする時期は下手をするとフィルターにカビがはえる事もあるのでよくチェックします。

喉が乾燥すると喘息が酷くなりやすいので、さしつかえなければマスクで常日頃防御したり、マメに飲み物を飲める様にしておきます。

鼻が詰まりやすいとつい口呼吸になってしまいがちなので、意識して口を閉じて鼻で呼吸する様にクセ付けを行います。

これでもどうしても辛い時期は、常備薬のアレロックを服用しています。

アレロックを飲むと喘息がだいぶ軽くなります。

(大阪府 喘息一家さん)

アレロックは市販されていませんが、海外からの個人輸入で購入することができます。
↓↓↓↓↓↓
アレロック 市販




そばかすに更にシミまでできる。

元々子供の頃からそばかすのある子供だったのですが、「肌が色白の子にはよくある」と言われていたので、私は色がしろかったので、「そばかす=色白」というニュアンスで、絶対に嫌だとは思っていませんでした。

そばかすがある事は色白の証と思っていました。ただ、なければいいなとは思っていましたけど。

「色白でそばかすもなくてキレイな肌だったら最高だな」と思っていましたが、そんないいとこ取りはできないだろうと半ば諦めていました。

成長して大人になるにつれ、お化粧する事を覚え、初めてファンデーションを塗った時の感動はずっと忘れないと思います。

なければいいなと思っていたソバカスをファンデーションを塗る事によって、キレイに消し去ってくれたのです。

私が夢見ていた色白でそばかすのないキレイな肌が手に入ったのです。

そこから私はお化粧に目覚め、ファンデーションはマストアイテムでした。

そんな若かりし頃から私も結婚し子供を二人授かりました。

1人目の子供を出産しだな頃でした。

顔にバッとそばかすなのかシミなのかとにかくたくさん表れたのです。

日頃自分の顔のそばかすを見慣れていた私でしたが、自分で鏡を見ても「なんか、そばかす増えた?」と半分信じたくない気持ちでいたのですが、普段なかなかスッピンで出歩かない私も実家で半分スッピンで過ごす事があって、実家の父に「お前顔、すごいそばかす、そんなにあったけ?」と言われ、「やっぱり私の顔のそばかすなのかシミなのかはすごく増えたんだ」と自覚しました。

元々そばかすがあって、顔に何かあるの自分に慣れていたので、そばかすに更にシミまで増えて少し落ち込みましたが、でも、化粧で隠せると気持ちを切り替えました。

2人目出産時もやはりシミが増えたのですが、シミやそばかすが増えるたびに化粧が濃くなるし、シワも増えてきて化粧に線ができたりするので、そろそろ化粧で隠すのも限界のような気がします。

(鹿児島県 ココペペさん)

シミで困っている方にはこちらのサイトのハイドロキノンが効果的かもしれません。⇒ハイドロキノン通販安い




思春期ニキビはゴシゴシ洗ってはいけない。

思春期に多くの若者が頭を悩ませる事として、ニキビがありますよね。
私も中学生、高校生の頃は一心に悩んでいました。

たださえ周りの目が気になる年頃だというのに、それに加えてニキビができるというのは、いわば気持ちも暗くなって仕舞うものでした。

親には「青春のシンボルなのよ!」なんて言われたりもしましたが、そんなの奮い起こしにもなりませんでしたし、やはり開き直れば癒えるという事も乏しいわけで・・・(泣)

うじうじ悩んだあげく、「悩んでも治りはしないんだから、何かやらねば!」というようになりました。

私が簡単に取れることを取り入れました。
それは「洗顔」「睡眠」「お薬」だ。

それでは皮膚の脂を溜め込んではいかん!から洗顔をちゃんと。
ゴシゴシ洗うとお肌に良くないは耳に入ってきていたので、やさしくきちんと洗うように努めました。

次に睡眠。
睡眠不足はお肌の天敵だということで、睡眠を断然取ることにしました。

なんとなく夜更かし気味だったので、最初は苦労しましたが、素早く寝ることに慣れてしまえば逆に気持ちのいいものだ。

それに加えての「薬」だ。
ふっとですが、ニキビの上にパックをするように薬をのせていました。

1週間もたたないうちにニキビが治りました♪

その後も何度かニキビが出来ましたが、この方法で治しました。
基本的な事かもしれませんが、ぐっすり治せて良かったです。