吹き出物の対処法について

イライラやストレスは吹き出物の原因になってしまいます。
ストレスやイライラが続く場合は、リラックスできる環境を整えてみたり、
マッサージや心と体がゆるむことを取り入れていくといいと思います。
アロマディフューザーで香りを漂わせたり、浴槽にアロマオイルを数滴入れてリラックスするだけでも
だいぶ違ってくると思います(*^^)v
日頃から、フェイシャルエステに行っておりますが、肌の調子を整えていても、
お菓子を食べてしまうと、急に肌の調子が崩れ始めるので食べ物の影響もとてもかなり大きいようです・・・
先日も肌荒れが急に目立ったので、クレンジングと洗顔、パックをしたり、シートマスクをして
応急処置をしましたら、すぐに元に戻りましたので、安心しましたが・・・
吹き出物の対処法としては、普段の生活習慣と、食生活、肌を清潔にして特に冬は保湿して
しっかりケアする、という基本的なことがある程度守られていたら、吹き出物が発生する確率はかなり低いと思います。
肌荒れの原因を考えると、私の場合は思いつくことがあるので、注意しなければと思います。
エステのフェイシャルコースで普段から保湿したり、乾燥をふせぎ、汚れを取って栄養を入れたりなどしておくと
とてもいいと思います。

(神奈川県 チロルチョコさん)

顎ニキビ




ニキビは洗顔の仕方で改善!

一昨年の夏あたりの事です。おでこの吹き出物(ニキビ)がすごくて、大変困った時期がありました・・・
これを機に色々と調べて、普段からニキビケアに気をつける様!それから継続して気を付けたりケアしたりしているので、再発はしてません*^^*生理前はどうしても出来てしまいますが、以前よりはマシになった気がします。

ケアの仕方としては、まずは清潔に保つ事!
洗顔の洗い残しがないようにしっかりと洗い流して、消毒をします。私は化粧水をつけた後に、コットンに消毒液を染み込ませて軽くポンポンつけてました。
状態によっては少し染みるけど、そこは我慢!(笑)
洗い残しは洗顔だけでなくシャンプーやコンディショナーも同じです。髪の生え際を特にしっかり濯ぎます。
ちなみに、洗顔は髪を洗った後が良いそうです。仮に濯ぎ残しがあっても洗顔をすれば綺麗に落ちますしね*^^*

あと、髪が掛かるのはよくないので、自宅に居る時は顔に掛からないよう前髪をヘアバンドであげてました。
ヘアバンドもちゃんと洗って清潔に保つようにしてください。

メインで実践していたのはこの2点です!
後に残ったらどうしよう・・・という位ひどい吹き出物だったのですが、綺麗に治ってよかったです*^^*

他には、生理前に油っこいものを控えたり、豆乳を飲んだりもしています。豆乳を飲み始めたら生理痛も和らいだし一石二鳥でした♪

(東京都 rinさん)




生理1週間前になると出てくるニキビ

生理前になるとホルモンバランスなどが乱れてニキビが出来ます。
口やあごの周り、背中の肩甲骨の間や胸の谷間などにぽつぽつと出来て、生理が終わる頃には消えています。
ちゃんと体を洗っているのに、なんでこんなとこにいつもニキビが出来るのか不思議です。
数年前からはニキビが出来るとチョコラBBとハイチオールCを飲んで治しています。
芯が腫れて痛いニキビはこれを数日飲むと治るのですが、生理前のニキビ予防は脂っこい食事を控えたり甘いものを摂らないように気を付ける程度しか思いつきませんでした。
ある日インターネットでアサイーが鉄分やポリフェノールに優れていると知って、貧血予防と眼精疲労対策に飲みだしてしばらく経った頃の事です。
その時は何故かわからなかったのですが、生理痛がかなり軽くなり、ここ数年凄く増えていた経血の量も減って、貧血が軽くなりました。
そして、生理が終わった後で気が付きました。
生理前の定番ニキビが出来ていない。
その後もずっと、生理痛が軽いまま、経血の量も減ったまま、ニキビが出来ないまま数か月が経過しています。
アサイーのどの成分が効果を発揮しているのかが未だに分かりませんが、アサイーを飲み始めてから女性ホルモンのバランスが改善されているという実感だけはしっかりと感じています。

(兵庫県 ゆうかママさん)




やっかいな生理前の女性のにきび

生理前になるとできるやっかいなにきび…。
それは女性のホルモンバランスによるものなのです。
そのにきびは、顔だけではなく背中などにもできます。
症状がひどいときは、婦人科や皮膚科に相談してホルモン治療で治る場合があるそうです。
どうしても気になって思わずさわってしまいがちですが、手、指の雑菌を付けることとなりかえって悪化させるだけです。悪化させてしまうとひどくなればなり、跡が残りやすくなるので絶対に我慢することです。
にきびのできた患部だけの処置ばかりを考えてしまいがちですが、
実は栄養面と生活面でも注意が必要です。
お肌にいいとされる栄養としては、にんじん、ほうれん草に多く含まれるビタミンA、納豆、チーズに多いビタミンB2、というビタミン類と牛乳に多いカルシウムがいいので、生理前のにきびにお困りの方は、
日頃からこの栄養素を意識して摂取していくことをお勧めします。
また、忘れていけないのが生活面の衛生的なことです。
それは清潔な肌触りのいいタオルを使用し、ベッド周りのリネンは雑菌が繁殖しやすいのでこまめに変えることです。




吹き出物にはとにかくストレスフリーに

生理前って、お肌が敏感になりますよね。
私の場合はひどいときはいつも使っている化粧水が合わなくなってしまいます。
特にホワイトニング系の化粧水に入っているビタミンCもしくはエタノールに反応しているようで、
うすうら赤くなってしまうことがあります。
それ同時にニキビができてしまうこともたびたびあります。
オデコの真ん中とか、「どうしてこんなに目立つところに(涙)」という場所にできます。
生理前ニキビの自分なりの対処法は、先ほども言ったようにこの時期は敏感になっているので、
肌をストレスフリーな状態にしてあげます。
治すというより、これ以上ひどくならないようにする、という感じでしょうか。
ニキビができてもそれを治そうと普段は使わない薬を塗ったりするのではなく、
逆にスキンケアやメイクを引き算して、必要最小限のものしか肌につけません。
ケミカルなメイク用品をノンケミ系のミネラルファンデーションに代えたり、
敏感肌用のスキンケア用品にチェンジしたりします。
同時に内側からも肌の状態を良くしようと、いつもより多めにサプリメントを摂ったりします。
ビタミンCやE、鉄分、コラーゲンといったものを、いつもより積極的に食事に取り入れるように心がけています。

(神奈川県 パンダさん)